中古車査定相場

最も高く愛車を売る方法

中古車一括査定」をご存知でしょうか?

まず注意したいこと

中古車一括査定を使い、普通では出ない査定額を勝ち取るために、是非注意していただきたいことがあるのです。

まずは絶対に損をしないために、愛車を手放す際の基本的なルールを知っておいてください。

このルールを知ってると知らないのでは、決定的な違いが出てきます。

 

一括査定は他の方法に比べ、平均で17万円も上乗せされるというデータがありますが、これは控えめな数字という意見もあります。

希少価値のある人気車種の場合、100万円以上も上積みされる事例もあるからです。

 

とにかく、一括査定を攻略するために、以下の内容を熟読してください。

中古車を査定してもらう場合、3つのポイントがあります。

そのポイントさえ守っていれば高額買取を期待できますが、

逆に守らないと、場合によって50万円以上損をすること

もあるので気を付けてください

 

まず重要になるのは絶対にディーラー下取りを使わないということです。

 

新車を買うとき、これまでの愛車の査定額をいろいろ調べるのは面倒くさいものです。
そのため、ついつい最も楽な方法である「ディーラー下取り」に出してしまいがちです。

 

しかし、これが大きな間違いなのです。

 

ディーラーの営業マンがすべて処理してくれるので、確かに手間はかかりません。
しかし、損をしてしまう可能性が高いのです。

 

ディーラーは基本的にボッタクリです。
新車を買ってくれる大事な顧客なので、親切そうな顔をしていますが、彼らは単なる会社員。
基本的には、会社に背負わされているノルマを消化しなければいけないのです。

 

ディーラー営業マンのノルマは過酷です。ノルマ達成のため、早朝から深夜まで激務に耐えています。そのため離職率が高い職場なのです。

 

同僚がどんどん辞めていくので、そのツケは残った社員に回ってきます。そして、一層ノルマが過酷になるのです。

 

そこまで働いてもノルマが達成できない場合は、「自腹で車を買う」。
これはウソのような本当の話。
一度、新車を購入し、それを新古車として売る。
もちろん、損はしますが、それでもノルマを達成しなければならないという辛い立場なのです。

 

そんな環境に置かれたディーラーの営業マンが、本当にあなたの見方になるでしょうか?
はい、きっとならないでしょう。

 

表面上はいい顔をしますが、狡猾に騙してきます。
それはつまり、「客の利益を削り、自分の売上にする」ということに他なりません。
大幅な値引きをするフリをする。
または、これまでの愛車を高く買い取るフリをして客を欺く。
これがディーラー下取りの基本スタンスです。

 

 

あなたが新車を買いにディーラーに行ったと想像してください。

そこで見積もりをもらいます。

 

でも、もっと安いところがあるかもしれない・・・と思い、
きっと、同じ車種を扱っている他のお店にも相見積もりをもらいに行くでしょう。
そして、それを比較します。

 

それをディーラーには「他のお店の方が値引きしてくれた」と言ったりして駆け引きをするでしょう。

 

そうなると、ディーラー営業マンは負けていられません。
そう、自分のノルマ達成がかかっていますから。

 

当初、30万円と言っていた値引きを、「決めてきれるなら50万円で!」と大幅譲歩してきます。
あなたは得をした気分になり、ハンコを押す気持ちを固めるかもしれません。

 

しかし、ここに落とし穴があるのです。

 

本来、100万円で下取ってもらえるはずのあなたの愛車。
実は80万円になっているのです。

 

そう、増えた値引き額は、下取り価格から転用されていたのです!!

 

目に見える値引き額には注意がいきますが、下取り額は相場がいくらなのかもわからないし、
言われるがままに「そんなもんかなぁ・・・」とアバウトに判断しがち。
そこに、ディーラーの付け込む隙があるのです。

 

あなたはウキウキ気分かもしれませんが、実はなんの得もしていない。
単に騙されてハンコを押さされただけなのです。

 

これ、本当によくあるパターン。
中古車査定相場を知らないが故の悲劇です。

 

そんなディーラー営業マンの口車に乗せられ、まんまと騙されることはないのです。
あなたはカモにされている。
このことを肝に銘じておいてください。

 

次は中古車査定業者に直接持ち込まないということ。

 

ディーラー下取りがNGなら、直接買取店に持ち込めばいいとお考えかもしれませんが、これも損をするパターン。

 

中古車査定業者とは、「ガリバー」や「アップル」など、中古車の買取りを専門にしている業者のこと。
中古車を買取り、それを中古車のオークションに出品して、その利ざやで儲けるビジネスです。

 

買取店への持ち込みも基本的にはディーラー下取りと同じ構図なんです。
直接持ち込んでしまっては、売り手であるあなたと買取店しか存在しません。
つまり、買う側にライバルがいないのです。

 

中古車査定業者が扱う商品は買い取った中古車のみ。

これがなければ商売ができませんので、ディーラーより高額で買い取ってくれる傾向があるのは事実です。

 

しかし、中古車査定業者なら、必ず高く買い取ってくれるとは限りません。
そもそも売る気マンマンで愛車を持ち込んでくる人に高額な査定をするでしょうか?
「完全に手放す気なら、安い査定額ても大丈夫だな」と思うのが査定員の心情のはず。
結局、自分の利益を大きくしたいのは、誰にでも共通する心理なのです。

 

やはり買取業者はプロ集団。
安く買い取るためのノウハウは豊富で、巧みにあなたを言いくるめるでしょう。
自社の利益をなるべく多くするためには、あなたの利益を削るしかないのです。
私がガリバーの査定を受けたとき、あの手この手で減額してくるトークを聞いて、「さすがは業界のプロ!!」と驚いたものです。

 

 

一般に買取専門店の査定は、ディーラー下取りより約5%程度は上乗せされると言われています。
しかし、それでは物足りません。まだまだ相場の最高値までは届かないのです。

 

もちろん、いくつかの買い取り店を回ればいいのかもしれません。
しかし、せっかくの休日を使って、近所の買取店を何店舗も回って査定を受けるのはかなり面倒です。
手間も時間もかかるので面倒になり、ついつい最初に行った店でハンコを押してしまうのです。

 

結局、これでは買取店の思うツボなのです。

 

インターネット内には「ガリバー 評判」と検索してみてください。
いろいろな悪評が相当数書き込まれていますが、よく読んでみると、どうやらそれは直接買取店に持ち込んだ場合のようです。
つまり、ライバルが存在しなかったため、足元を見られ、思いっきり値切られたのでしょう。
あとになり、それに気づき、腹立ち紛れにネット内に書き込んだものと思われます。

 

しかし、ある意味では自業自得と言えるかもしれません。
自動車買取相場を確認せず、直接買取店に持ち込んでは、そうなることも想定内なのです。

 

 

また、中古車査定業者の在庫状況やその車を高く売ることができるルートを知っているかによって買取価格は変化します。
この点も無視できないでしょう。

 

中古車査定業者には、ガリバーやアップルのようにすべての車種を総合的に扱う大手業者がある一方で、
「高級車専門」や「RV専門」など、専門特化した得意分野を持っている業者もいます。

 

もし、あなたがレクサスに乗っていたとします。
この場合、ガリバーに売るよりも、高級車に専門特化した業者で手放す方が高額で買い取ってもらえる可能性が高くなります。
なぜなら、専門査定業者は、買い取れる少ない機会を逃してしまうと、転売による利益獲得のチャンスを棒に振ってしまうため、なんとしてもものにしたいと思うのです。
買い取れず転売できなければ利益はゼロ。
しかし、中古車査定相場より、多少高くても買い取っても、転売できれば利益は出る。
それなら、少しでも利益が出る方を選ぶのです。

 

もちろん、この理屈は中古車査定業者間の競争にも応用できます。
「どうしても買取りたい!!」と考える中古車査定業者が複数存在すれば、業者同士が争います。
当然、オークションの要領で買取価格が釣り上げる。
つまり、売る側が有利になるということなのです。

 

なので、できる限り多くの中古車査定業者に査定依頼をした方が競争が発生し、
あなたの愛車を高く買い取ってくれる業者が見つかる可能性が高まるのです。

 

業者間競争の有無による買取価格の差というのは大きい時で50万円近くになることもあります。
過去、絶版の高級外車で200万円も差があったという事例を聞いたことがあります。
新車とは異なり、中古車はどれも「1点もの」です。
希少価値のある中古車の場合、「どうしても欲しい、高くてもいいから探してくれ」というニーズがあるのです。
ただ単に査定した場合、300万円でも、「どうしても欲しい」という客がいる場合、査定業者は500万円でも買い取るのです。
もちろん、金に糸目をつけない客がいるので、それを700万円で売ればいい。
採算は合うのです。

 

このようなカラクリがあることを念頭に置き、多少面倒かもしれませんが、複数の中古車査定業者に査定依頼をしてください。
絶対に損をすることはありません。

 

最後は「中古車一括査定サイト」を使うということ。

 

多くの中古車査定業者の査定を受けるメリットはわかったとしても、実際に査定を受けるのは面倒です。
近所の中古車査定業者を回り、査定を依頼していては、何週間もの時間が必要になるかもしれません。

 

そこでオススメの方法があるのです。
それは「中古車一括査定サイト」の活用です。

 

ここまで見てきたように、ディーラーや買取店に騙されず、愛車の高額買取を実現するポイントはたった1つです。

 

要は、「ライバルを作ること」に尽きるのです。

 

とはいえ、どうすればよいのでしょうか?

 

それには「中古車一括査定サイト」の使用が最も有効な解決策となります。

 

中古車一括査定サイトとは、愛車と手放したい人とそれを買い取りたい業者をマッチングするサイトのこと。
中古車一括査定サイトにあなたの愛車に関する必要項目を入力すると、登録してある近隣の車買取業者にその情報が拡散されます。
すると、それを見た車買取業者から、あなたに直接電話があるのです。

 

平均的に3〜5社、多くの買取業者が登録している都市部では、10社程度から電話があると言われています。

 

それらの業者と上手く時間を調整し、査定を受けるわけですが、中古車一括査定サイトを使う場合、すべて自宅まで出張査定に来てくれるので、自分から店舗に出向く必要はありません。
インターネットで申し込み、電話で調整し、自宅で待っていれば、勝手に複数の業者が査定をしてくれます。
とても便利です。

 

前述の通り、3〜10社が査定をしてくれるので、買取業者間で競争原理が働きます。
つまり、オークションの要領で査定額がぐんぐんアップしていきます。

 

要するに、売る側に有利な仕組みということ。
ディーラー下取りや買取業者への持ち込みは、1対1の取引でしたが、車一括査定サイトを使うと、1対nになるので、選択肢が広がるのです。

 

 

前述の通り、中古車一括査定サイトを使えば、複数の中古車査定業者があなたの愛車を一度に査定してくれます。
もちろん、こちらから出向く必要ありません。
自宅や職場などに出張してきてくれます。

 

すると競争がおこるので、自然と価格が吊り上がっていくのです。

 

 

中古車一括査定サイトからの査定は、ディーラー下取りよりも、平均で15万円も上積みされるというデータもあります。
中古車一括査定サイトの登録は無料で、数分でできることなので、この際やってしまいましょう!

 

 

 

【高額買取が期待できる人気の中古車一括査定サイト】

 

ズバット車買取比較

 

カーセンサー

 

カービュー

 

楽天オート

 

 

 

 

下取りでなく、買取で売った方がいい理由については上の方でも少し触れましたが、もう少し詳しく説明をしていきます。
下取りというのは、ディーラーに車を引き取ってもらって次に購入する車の代金から値引きを行うというものです。
この時に考えるのが、「車を買うのだから高く引き取ってくれるのではないか」というのとです。

 

確かに、そう思っても不思議ではないのですが、これはまったくの逆。
ディーラーはこの機会にボッタクるのです。

 

そもそも下取りを行った場合、ディーラー側はその車を転売することができなければ利益が出ません。

さらに、ディーラーは買取が専門ではないので、買取の専門会社ほど、引き取った車をうまく売りさばくことができないのです。
そう考えると、ディーラーにとっての下取りは、意外とリスクが高いのです。

 

このように、色々な面で下取りというのは高額買取にはつながらないようになっているのです。
その点を考えると、買取ならば、それを専門にやっている業者ばかりですので、買取った車を高く売る方法を知っているます。
また、そのための強固なルートも持っていますので、自然と高額買取に繋がります。

 

 

 

 

具体的に、中古車査定業者が車を高く転売する方法は、海外に流すことができるルートを持っていたり、
マニアに人気の高い車ならば、その市場に直接売ることができるルートを持っていたりします。
その独自ルートを使えば、思ったより高く売ることができる場合があります。

 

これで、下取りでなく買取りで売った方がいい理由がお分かりいただいたでしょうか?

 

 

先に、複数の中古車査定業者に査定の依頼をした方がいい理由を少し書きましたが、ココではもっと詳しく説明をしていきます。
前述の通り、ディーラー(下取り業者)よりも、中古車査定業者の方が車を高く買い取ってくれる可能性は高いのですが、
業者の状態によっては買取価格があまり高くないこともあるのです。

 

例えば、あなたの愛車と同型車種が在庫としてたくさん残っているのであれば、高く買い取る必要はないでしょう。
これは季節性にも関係してきます。
冬にオープンカーは売れませんので、秋にオープンカーを査定に出しても、高く買い取ってはくれないというわけです。

 

さらに、高く売ることができるルートを知らなければ、高く買い取ることはできません。
買取業者にも、得意/不得意の分野がありますので、ここを意識しておく必要があるでしょう。

 

このように買取業者によって買取価格の差というのが生まれてきます。
買取価格の差というのは大きい時で50万円以上になるときもあるので、
万が一安いところに売ってしまったら相当な損となります。
50万円と言えば、ボーナス1回分です。
かなりデカいですよね。

 

このようなことを防ぐためにも中古車査定業者選びというのは気を付けなければいけません。

 

それで、あなたの車をどこに売ればいいのかということになりますが、
こればかりは実際に査定を依頼してみないと分からないようになっているのです。
タイミングもありますし、極論を言えば、査定員との相性もありますから。

 

それに、買取価格を公開していたら、他の業者に出し抜かれる可能性も高いですし、業者の在庫状況によっても日々刻々と変わってくるので、なかなか公表ができないみたいです。
まぁ、手の内を見せる業者がいるわけはありませんよね。

 

そこで、あなたの車を高く買い取ってくれる業者を見つけるためには複数の中古車査定業者に査定の依頼をする必要が出てくるのです。
複数の業者に査定の依頼をしてその中から最も高く買取ってくれる業者に売れば損をするということはまずないでしょう。
正直に言って複数の業者に依頼をするというのは面倒だと思いますので、それを少しでも楽をするために一括査定サイトを利用したほうがいいです。

 

ここから、一括査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

 

入力の手間は3〜5分程度です。
これで数十万を得すると思えば、やって損はないはずです。
いや、やらない理由がないはずです。

 

もちろん、完全無料です。
コストはゼロなので、まったくリスクはありません。

 

「面倒くさいなぁ・・・」という思いを我慢して、まずは登録してみてください。
これで間違いなく、高額買取が期待できます。

 

 

 

オススメの中古車一括査定サイト

オススメの中古車一括査定サイト

 

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較は、車買取業界において比較的新しいサイトですが、約150社の買取業者を束ねており、年々その規模を拡大しています。また業界最大手であるガリバーが唯一登録されているサイトとしてとても支持されています。複数の買取業者の査定を受けた結果、最高値はやっぱりガリバーだったという事例が本当に多いのは事実。ガリバーの圧倒的な買取規模を表していると言ってもいいでしょう。つまり、本当に高額買取を目指すならガリバーの査定を受けるべきということです。それはズバット車買取比較を使うということに他なりません。ガリバーの査定を受けるという1点だけでもズバット車買取比較は外せないサイトです。

一部上場のリクルートが運営する業界最大規模のサイトです。その歴史は雑誌時代からで非常に古く、中古車および車販売店情報としては非常にユーザー支持が高いのが特徴です。その有用性は突出していると言えるでしょう。最近は特に車買取りにも力を入れているため、カーセンサーも高値が出やすいサイトといえるのではないでしょうか。雑誌時代から付き合いのある優良な買取業者が多く登録しているため、信頼性も抜群。この点でもカーセンサーは魅力です。

ソフトバンクグループが運営しているため、ヤフーからのアクセス流入が多く、近年一番盛り上がっている一括査定サイトです。買取実績NO.1の老舗サイトと言ってもいいでしょう。カーセンサー同様、黎明期からサービスを提供しているため、歴史が長く、登録業者さんの数が多いのが最大の魅力。特に中小規模で特徴のある買取業者が多いと言われているため、他のサイトとは違った査定が受けられると評判。「年式が古め」「改造車」「希少車」などという場合にはおすすめのサイトです。

ショッピングモール最大手の楽天が車一括査定業界にも進出!!最大の魅力は査定を受けることにより楽天ポイントが3000ポイント付与されるという点。つまり、他社より3000円高い査定をしてもらえるということです。楽天は車買取の専門業者ではありませんし、一括査定業界の最後発ですが、資本力、信用力、集客力を前面に出し、急速に登録買取業者数を増やしています。しかも、優良買取業者を優先的に登録させているので、当然高額買取の期待が高まっています。後発故に未整備な面は否めませんが、まずは使っておいて間違いないのが楽天オートです。

 

中古車一括査定体験談

私が車一括査定サイトを使ったときは、合計8社から査定希望の電話がありました。

 

休日である土曜日と日曜日を使い、それぞれ4社ずつの査定を受けました。
1社の平均査定時間はおよそ1時間。
無駄な世間話も入れているので、実際は45分程度でしょうか。

 

ということで、1時間毎にアポを入れれば十分だと思います。

 

もちろん、査定が長くなり、業者同士がバッティングすることもありましたが、これはむしろ効果的なのです。
ライバルである査定士同士が直接顔を合わせるので、ライバル心に火が付き、絶対に負けまいとして、通常より高額な査定額が出ることがあるようです。

 

 

査定の際、用意しておくものは、「愛車のカギ」「車検証」「保険証書(自賠責保険)」「整備手帳」などです。
査定を受けるだけであれば、他に必要なものはありません。

 

あとは「事故歴」「修復歴」「これまでの利用目的」などを会話の中で聞かれます。
ウソを言わず、正直に答えれば、なんの問題もないでしょう。
この程度の話をするだけであっという間に金額が提示されます。