中古車査定相場

オデッセイやエスティマなど、日本に本格的なミニバンが登場した頃大衆は大いにミニバンを支持した。車のボディー様式は3ボックスや5ドアハッチバックが全てでは無い。車の種類が対応になれば、日本の自動車市場も選択肢が増え、ユーザーの自動車生活もとても豊かになるだろうと考えられたのである。しかし、その予想に反し、ミニバンの売れ行きはやや鈍っている。それはどのメーカーも似たようなミニバンを作りすぎてしまったことによるものであろう。ファミリーカーは消滅し、そのほとんどはミニバンに取ってかわられた。本来選択肢を増やすために作られたミニバンのおかげで、他のジャンルが侵されてしまったのである。本来、自動車とは自分でハンドルを握り、思うように走ることが最大の楽しみである。しかし、ミニバンにはそれがない。今のミニバンは単なる移動手段になり下がっており、車本来の楽しみを追求するという魅力が全く欠けてしまっているのである。以前のミニバンの代名詞であった日産のプレーリーなどはその名前を止めておらず、最近のミニバンは出してはすぐ消えるという消費サイクルに陥っているような気がする。このままではミニバンとともに自動車市場そのものの地盤沈下が懸念されるものであり、もう一度自動車そのもののあり方を正しく見直す機会とする必要があるのでは無いであろうか。

 

中古車査定相場