中古車査定相場表

VWのコンパクトカー、upl(アップー)がついに上陸してきた。
VWは日本でこいつを本気で売るつもりである。
それはその149万円という値段から察せられる。
uplに乗って、もはや日本車はうかうかしていられないぞという思いを強くした。
uplはサイズ的にヴィッツ、フィット、スイフト、マーチあたりの日本メーカーがお得意とする1〜1・3リットルクラスのコンパクトカーと、これまた日本のドメスティックカーである軽自動車の中間
ぐらい。
そのどちらにとっても脅威であることは間違いない。
ハードだけで見れば軽自動車はとうていuplの敵ではない。up・はいかにもVWらしい、がっちりした骨格をそなえる本格的な乗用車だが、軽自動車は依然として代用車的イメージを拭えないままだ。
くわえて昨今の軽自動車は少々装備がよくなると140万〜150万円もする。
唯一最大の強みは税制面での優遇だけ。
こいつをユーザーがどう考えるかである。
では、国産コンパクトはどうだ。
安全面で圧倒的にuplに軍配が上がる。
ABSはもちろん、横滑り防止装置のESP、さらにはサ
イドエアバッグ、30q/h以下で作動する自動ブレーキまで標準装備なのである。
upにネガがあるとしたら、ASGと呼ばれる、マニュアルトランスミッションを自動化した5速オートマぐらいか。

リアのサイドウィンドウが大きく開かないことも、日本車に慣れた人には違和感を覚えさせよう。
しかし、それらの細かなネガを考慮に入れても、uplはこのクラスの日本車に対して多大なアドバンテしシを持っている。
とにもかくにもクルマの基本が本格的なのだ。ハンガリー生産のリッターカー、スプラッシュを入れているスズキあたりはそうとうの脅威を感じているのではなかろうか。
いまや日本車の国内向けは小型ミニヴァンと軽自動車オンリーの観があり、すでに上級セダン、ハッチバックはドイツ勢に席巻されてしまった。
このままいけば、いずれコンパクトカークラスもuplに始まって外国勢に貪食されていくのではないかと私は危惧する。
それもこれも日本メーカーが「お安いですよ」路線ばかりにすがり、世界をリードするクルマの価値観、理想像を提示してこなかったからではないのか。
upはべつだん新しい発想ではない。
3気筒の1かカーといえば、かつてダイハツがシャレードを世に問うていたではないか。
こいつは5平米カーを名乗る素晴らしいコンセプトのコンパクトカーであった。
ダイハツはこれに3気筒のディーゼルユニットも与えていた。
日本車メーカーよ、あの理想、あの意欲を思い出せと言いたい。

 

 

中古車査定相場