中古車査定相場

自動車を売る時の選択肢

お金

 

所有している自動車を手放そうと思った際の選択肢としては、「自動車買取業者に売却すること」「新しい自動車を購入する代わりにいくらかの金額で新車ディーラーに売却をする下取り」「そしてオークションなどを使って買い手を探して売買する個人売買」があります。

 

個人売買の場合には価格の交渉を一からしなければいけませんし、譲渡にかかる手続きを自分でしないといけません。

 

また、お互いに自動車のことは素人という場合には、トラブルの原因になりやすいので注意が必要です。

 

反面、中間マージンが発生しませんので、上手くいけばお互いに有利に売買することができ、金銭的なメリットを享受できます。

 

しかし、前述の通りで、すべてを自己責任で行わなければいけませんので、自動車売買に関する知識だけではなく、交渉術や金銭その他の管理能力も必要になります。

 

プロである自動車買取業者を相手にする必要がないので、売却する側は少し気が楽かもしれませんが、相手によっては何かと文句を付けて相場よりも低い価格で売却させられるといったリスクがあります。

ディーラー下取り

下取りの場合は、新しい自動車を買うことが前提ですから、現在載っている愛車だけを処分するということは出来ません。

 

また販売が新車中心のお店の場合にも買取り価格は期待できません。

 

近年は正規ディーラーも中古車販売に力を入れるようになっていますが、それでも中古車の買取は本業ではないので高値は期待しづらいところです。

 

ただ、下取りのメリットとしては乗り換えがスムーズに行くということで、購入と売却の両方の手続きを一括して行うことができます。

 

新しい自動車が納車されれば、そのまま古い自動車は引き取ってくれますから、一時的に自動車が無くなるといったことや自動車が2台存在するといったことを防ぐことができます。

自動車買取業者を使う場合

自動車買取業者の場合には、下取りよりも高く、また個人売買よりも安全に売却することが可能です。

 

理由は、自動車買取業者の場合には、買取った車を中古車市場にダイレクトに売却しているためです。

 

特に大手の場合には情報がネットワーク化されており、中古車の販売価格などを見ながら買取価格を決定するので、中古車市場に近い価格で売却することができます。

 

また、安全に関しては買取では事前の査定が行われますし、査定もスコア方式で行われるので明確です。

 

一方で自動車買取も交渉事なのので、無条件で高値で買取されることはありませんから、交渉が重要ですし、少しでも高く売りたい場合には複数の自動車買取業者に査定をしてもらって、その中から高いところを選ぶことが高値での売却するためのポイントになります。

自動車買取業者の車一括査定

自動車買取業者といっても2つの営業形態があります。

 

ひとつは店舗を構えているところで、お店に持ち込むことで査定と買取をしてくれます。

 

もうひとつは店舗を構えていない、または構えていても電話やインターネットで依頼することで自宅まで査定員が出張してくれ、手放したい自動車の査定および買取してくれるところです。

 

店舗を構えているところであれば自動車を持ち込めばすぐに査定をしてくれ、査定額に納得すればその場で売却することも可能です。

 

また大手自動車買取業者は幹線道路沿いにあるので、複数のお店を巡って少しでも高いところを探すこともできます。

 

ただ複数の店舗を回る場合には時間が掛かるので、仕事で忙しい人は難しいところがあります。

 

また高値での売却が期待できるのは大手が中心ですから、幹線道路から離れている場所に住んでいると、気軽に行くということができません。

出張での中古車一括査定

一方で出張で査定買取をしてくれる業者の場合には、まずはインターネットや電話などで基本情報を入力します。

 

すぐに予想される査定額を提示してくれます。

 

この予想査定額を見てから、出張による査定を依頼します。

 

その後、電話などでスケジュール調整をし、査定員に出張してもらい、査定してもらいます。

 

基本的には店舗で売却するのと変わりませんが、メリットとしてはインターネットや電話で査定額を知ることができるということです。

インターネット経由での中古車一括査定

ネットでの一括査定申し込み

 

インターネット経由での中古車一括査定サービスを行っているところもあります。

 

この車一括査定サービスを利用すれば、複数の自動車買取業者に情報が届けられるので、入力する回数を減らすことができます。

 

また、査定額が一括で表示されるので、高値での買取が期待できるところを選んで査定を依頼することができます。

 

ただ、車一括査定使う際の注意点としては、一度に複数の自動車買取業者に依頼するため複数の業者から電話が掛かってきます。

 

このため、車一括査定を使う時は自動車買取業者の会社名をしっかりと把握し、どの会社がどのような査定額を提示したのか記録しておく必要があります。

 

電話が掛かってくるのは出張の日時などを決めるためですが、業者としては一番に名乗りをあげた方が自動車を売ってくれる可能性が高くなるため、我れ先に!とすごい勢いで電話をかけてきます。

 

このような電話の猛攻が車一括査定の大きなデメリットと言えます。

 

ただ、買取をしてもらう業者をひとつに決めていれば、車一括査定は面倒な入力作業を軽減し複数の業者に一括して査定をしてもらえるので、時間と手間を軽減するメリットがあります。

 

とても便利なサービスです。

ローンが残っていても売却はできるのか

自動車ローン

 

自動車を他者に譲渡する際に注意しなければならないのが、その自動車の所有者の名義です。

 

自動車には「所有者」と「使用者」がありますが、その自動車の所有権があるのは、文字通り「所有者」になります。

 

このため、所有者の名義が売却する本人であれば問題ありませんが、所有者が本人ではない場合には、その所有者に無断で譲渡することはできません。

 

このようなケースになることが多いのが、「自動車ローンで購入した場合」です。

 

自動車はローンを組んだ人と所有している人が一致していれば問題ありませんが、ローンの種類によっては所有者が異なることがあります。

 

この場合には、簡単に売ることができません。

 

銀行の自動車ローンやマイカーローンなどの場合には、借り入れる個人の信用力を見て貸し付けていることが多いため、所有者の名義は本人のままということが一般的です。

 

このためローンが残っていても、銀行に通知することなく売却することが可能です。

 

一方でディーラー系列の金融業者を利用するディーラーローンや中古自動車販売業者などが利用するクレジットローンの場合には、所有者はその会社のものになっています。

 

これは自動車を担保に取っているもので、返済が不能になれば、自動車を回収して残りのローンの弁済する仕組みです。

 

このため、他人にその自動車を譲渡するには、所有者名義を本人に変更するか、所有者の同意を得て売却する必要があります。

 

自動車買取業者の買取金額が残りの金額を上回っていれば、一括返済が出来るので問題ありませんが、買取金額が残りのローンの金額を下回る場合には、残ったローンの差額を支払う必要があります。

 

大手自動車買取業者の多くはローン返済サービスを用意していますが、ローンが残っている場合には本査定をしてもらう前にそのことを伝えて売却が可能かを確かめておく方が無難です。

 

なお、対応していれば手続きそのものは自動車買取業者が行ってくれ、ローンの返済も自動車買取業者が行ってくれます。

 

買取額が残りのローンを上回っていると、その差額が支払われますが、ローンの残高が買取価格を上回る場合には不足分を現金で支払う必要があります。

 

現金がすぐに用意できない場合には、大手自動車買取業者の中では新たなローンでの返済を紹介してくれるところもあります。

 

いずれにしてもローンが残っていても、相殺できる買取価格であれば問題なく売却は可能ですし、相殺できなくても不足分を用意することができれば売却することができます。