中古車査定相場

自動車保険

 

車売却時には、大きく分けて二つの状況が想定されます。

 

「車売却後に車を所有しない場合」「車売却後にも継続して車を所有する場合」の二つがあるわけですが、このうちいずれの状態になるのかによって、保険の取り扱い方が変わってきます。

 

保険は「等級」が重要な項目であり、この点を上手に扱う方法を選択することがポイントです。

大まかな車売却時の保険手続きの種類

車売却後の状態によって何が変わるのかというと、「それまで利用(契約)していた保険をどのように扱うのかによって、次回契約時の等級」が変わってきます。

 

分かりやすく言ってしまえば、「解約をすれば等級はリセット」「継続なら等級も継続」となる仕組みになっているので、単にその場の状況だけで判断をしてしまうと大きく損をしてしまう可能性があるわけです。

 

保険は、無事故であれば1年で1等級上がるのが普通です。

 

何らかの理由によって等級が上がらない可能性はあっても、一気に2〜3等級上がることはあり得ません。

 

つまり、最高等級まで上げるためには、契約を継続して10年ほど行う必要があります。

 

ご存知の通り、保険は「車両」に対して掛ける保険である以上、車がない状態で契約し続けることは無意味以外の何物でもありません。

 

車があって、その車を使って公道を走る状態でこそ意味を成すものである以上は、自動車を手放して乗らない状態になる場合はすぐに解約してしまった方がお得です。

 

ただし、一度解約をすれば再び契約する時には最初から始めることになってしまいます。

 

そこで、「もしかするとまた車を所有するかもしれない」という状態であれば、「解約」ではなく「中断」という形で手続きをとっておく方法がとても便利です。

 

これは知らなければ選択することができませんが、知っている人は積極的に選択する方法です。

保険の中断手続きとは?

中断証明書

 

「一旦は車を手放すものの、またいつか車を所有する可能性がある」という状況では、一度保険を解約しておいて、再び必要になったときに再契約をしようと考える人もいます。

 

車を所有していない間も契約をし続けるという選択肢もないわけではありませんが、その間のコストを鑑みるとメリットはないと言っても過言ではありません。

 

しかし、再契約となれば等級はリセットされてしまい、初期契約時の高額な保険料を支払うことになってしまいます。

 

そこからまた等級を上げるためには年数が必要になるのですが、「中断手続き」を行っておくと再契約時に以前の等級を引き継ぐことが可能です。

 

「中断」が有効な期間は10年間で、その期間を超えた場合は解約と同じ状態になってしまいます。

 

ただ、間が10年も空けば必要性を判断するくらいの材料は十分にそろっていることが多いので、特段問題になることはないでしょう。

 

中断手続きを行うためには、「中断事由」に該当する必要があります。

 

これに該当しない理由では手続きが認められないので、最悪の場合は「該当事由として申告してその場を凌ぐ」ことも検討しましょう。

 

中断事由になるものは、「廃車」「譲渡(リース契約終了)」「車検切れ」のように、「客観的に見て自動車を使用できない状態になる場合」です。

 

また、その他にも長期的に使用できない状態になる場合(海外旅行、盗難など)も該当します。

中断手続きを利用する意義と解約の方法

中断手続きを利用することによって、10年間は保険の等級を維持し続けることができます。

 

一旦は車を手放すものの、「いつかまた乗りたい」と思っているような状況であれば、手続きを行っておいて損はありません。

 

もし仮に期間を過ぎてしまったとしても、等級を引き継ぐことができなくなってしまうだけで他にデメリットはありません。

 

廃車にする場合などは分かりやすいですが、「譲渡」の場合は扱いが難しくなる可能性があります。

 

たとえば、家族(息子、娘など)に自動車を譲渡する場合、ただ単に自動車と保険を名義変更して対応することもできます。

 

自動車の名義変更に関しては、何かしらのトラブルが発生した際にスムーズに手続きを行うためにも必要性が高いですが、保険の場合はそうとは限りません。

 

名義変更を行った場合、等級が変更者に応じて変動する可能性があります。

 

要は、保険料が高くなってしまう可能性があるわけなのですが、この場合は「名義変更をせずに保険が適用するように契約変更を行う」という方法のほうがお得に済ませられる可能性があります。

 

状況をよく見て、最終的なメリットを意識して判断するようにしましょう。

 

解約をする場合には、電話などでその旨を伝えることから始まります。

 

電話だけで手続きを完了できる場合もありますが、基本的には「書面を交わす」というやり取りが必要になります。

 

このように、保険の手続きにはいろいろと考えなければいけないことがあります。

 

単に「契約する」「解約する」という判断をするだけならば何も難しいことはありませんが、その結果失ってしまう可能性があるベネフィットが存在しているということを把握できていると、その時にしっかりと考えて行動することが可能になります。