中古車査定相場

危険

 

車の売買では百万円単位のお金が動くことがあるので、トラブルが発生してしまうと金銭的な影響も大きく、気持ちとしても嫌な気分になってしまいます。

 

車一括査定は車を高く売るのに役立つものですが、絶対にトラブルが発生しないわけではありませんから、ありがちなトラブルと対処法に関しては事前に理解しておくことが大切です。

 

申し込み直後に電話が殺到する

 

車一括査定を利用して多いのが、申し込み直後に電話が殺到して対応に追われてしまうケースです。

 

車一括査定を利用する場合、簡単に複数の業者に申し込みをすることができるので、一度に多くの申し込みをしてしまいます。

 

多くの買取業者に査定をしてもらえれば、高額買取をしてもらえる確率が高くなるので、それも当然だと思います。

 

ただ、多くの買取業者から、一斉に電話があったらどうでしょうか。

 

電話一本あたりの時間は、3分から5分程度ですが、それが10社程度になってくると対応に苦慮してしまうことになります。

 

それが家でゆっくりしている時間であれば、まだなんとか対応をすることができますが、昼間の仕事中に次から次へと電話がかかってくると仕事にならなくなってしまいます。

 

このようなトラブルの対処法としては、申し込みをする業者の数を減らす、あるいはメールでの連絡を希望するとようでしょう。

 

申込時の備考欄にメールでの連絡を希望する旨の入力をしておくと、電話対応の労力が軽減されます。

 

ただ、これで万事問題がないわけではありません。

 

業者によって申し込みがあったと同時に連絡を入れるというシステムを導入しているところもあるので、備考欄を確認される前に電話が来てしまうということもあります。

 

完全に電話連絡を防ぐことができるとは限らないということを知っておく必要があります。

 

それでも、普通の業者であれば電話連絡を望まないと注釈があればメールでの連絡に切り替えてくれますから、連絡はメールでして欲しいのであれば備考欄に記入をしておくのが対処法として優れています。

トークに惑わされて安く売ってしまう

詐欺トーク

車を高く売るために車一括査定を利用するわけですが、中には相手のトークに惑わされて結局安く売ってしまったというケースもあります。

 

業者側からすれば、車一括査定を利用して申し込んできたということで、ライバルが居ることがわかっているわけですから、他社に取られてしまう前になんとか買取をしてしまおうと強引な手を使って買い取ってしまうということも珍しいものではありません。

 

特に高値を出すことができない業者ほど、あの手この手を使って、安く買取をしようとしてきますから注意が必要です。

 

対処法は簡単です。

 

すべての業者に話を聞いてから売りに出す業者を決めるというだけなのです。

 

相手はプロだけに上手く不安を煽って、すぐに売らなければ損をしてしまうという気にさせてきます。

 

そのため、すべての業者に話を聞いてからでないと売らないということのほかに、業者は買い取るためには様々な手を使ってくるので、即決をしてしまうと損をしてしまうということを頭に入れておくことがポイントです。

 

どれだけ不安になっても即決をすると損になるということを理解しておけば、不安になって売ってしまうということを避けることができるので、安値で売ってしまうということはなくなります。

 

高く売るために車一括査定を利用しているのに安く売ってしまうと、気持ち的にも尾を引くことになってしまうので対処法はしっかり身につけておきましょう。

後になって減額を要求される

それほど多いケースではありませんが、契約の直前になって減額を要求されたというケースもあります。

 

事前に口約束で高値を提示しておいて直前で安く買い取るために減額をするというのは、悪徳業者の常套手段となっています。

 

契約の直前ではなく、契約したあとに車に瑕疵が見つかったので返金を要求するといったものもあり、素人は相手からあれこれ理由をつけて法的に責任があると言われると返金してしまうこともありますが、余程のことがない限り返金をする必要はありません。

 

この場合の対処法は、減額が発生した時点でその業者には売らない、あるいは後になって返金を要求しないと口約束ではなく書面で確認をしておくということが大切です。

 

時間がないときには減額されても売ってしまいそうになるものですが、そのようなときこそ他の業者に一声かければいくらでも高値で売れるので不誠実な業者に売る必要はありません。

 

契約後の返金に関しても書面に残しておけば安心して拒否をできるので、事前によく確認をしておくのがよいでしょう。

 

一点だけ注意をしておきたいことは、査定を受けたときと実際に車を受け渡す日は異なることが多いので、「その間に傷をつけてしまった」「極端に走行距離が伸びた」となると車の価値は変わってしまいますから、このようなケースでは減額は不当な要求ではありませんから忘れないようにしておく必要があります。

 

車一括査定は便利なものですが、考えられるトラブルに関しては事前に対処法をおさえておくことが大切です。

 

特に金額に直接関わってくる部分に関しては、大きなお金が動く取引だけに知識のあるなしで数万円、場合によっては数十万円という金額を損してしまう可能性もあるだけに、車一括査定の前には正しい知識を身に着けておきましょう。